目に疲れを感じる症状

グラスと粉末

具体的な症状

現代人にとって、パソコンや携帯、タブレット端末などの機器は日常生活に欠かせないです。これらの機器は、仕事や友人と連絡をとるなどの目的で利用されています。しかし、これらの行為を長時間続けると、目をとても酷使してしまいます。そのため、眼精疲労という症状に悩まされる方が急増しています。この眼精疲労とは、最初は文字が見にくくなったり、目がしょぼしょぼする症状が起きます。そして、次第に目を休ませても、目のかすみや疲労などが取れなくなります。さらに、眼精疲労が恐ろしいのは、目の異常だけでなく体にも影響をきたすことです。たとえば、頭痛や首・肩のこり、全身のだるさ、微熱、不眠などの症状が生じます。なので、目を酷使する生活を送っている方は眼精疲労の対策が欠かせないです。

有効な食品とは

緑黄色野菜を食べることは、眼精疲労対策として欠かせないものです。緑黄野菜にも色々有りますが、とくにケール、ほうれん草などがおすすめです。というのも、これらの野菜にはルテインという目に良い成分が大量に含まれているからです。ルテインとは目の水晶体や黄斑部などに存在していて、強力な抗酸化作用が有ります。なので、ルテインを摂ることで、疲労物質が除去されて目の疲れがなくなります。このルテインは体内で生成できないので、食事でこまめに摂るように心掛けると良いです。その他にも、タウリンも眼精疲労対策に有効です。タウリンには、目の視神経の働きを正常に保つ作用が有るからです。アサリ、イカなどの魚介類に含まれているので、眼精疲労対策で食べるようにすると良いです。

Copyright© 2017 野菜不足を解消するにはケールがイチオシ! All Rights Reserved.